2014年10月10日

[新作]孕ませコレクション3~催眠術で国際ケッコン提督からビスマルクを寝取り調教~

RG04066 at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote DLsite.com新着作品 

2014年10月09日

[新作]孕ませコレクション2~潜水艦娘(処女)も催眠術で孕ませ放題~

RG04066 at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote DLsite.com新着作品 

2014年08月12日

夏コミ情報!

まもなく夏コミ!
ツイッターで告知してたものでブログの更新をすっかり忘れていました(^▽^;)
悶亭は三日目、日曜日の東5ホール、ネ11aです。
新刊は艦これ空母触手本「深海の贄」とDQ路上シリーズ最終巻「勇者路上絶叫」です。

↓のポスターが目印なので、よろしければぜひ来て下さいね!

natukomipos
































…と。
抱き枕を委託してもらえることになりました!
同じく3日目、東地区H47aすなめりドリルさんに過去の抱き枕をいくつか置いてもらいます。
よろしければ、そちらも見てやってくださいね(^▽^)


RG04066 at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote イベント情報 

2014年03月13日

春のイベント参加情報ー!

ゴールデンウィークのイベント申し込みが完了しました!

4/29 (東京)コミック1
5/5  (東京)コミティア
5/10 (神奈川)横須賀鎮守府
5/11 (東京)例大祭(新作は本ではなく抱き枕の予定です)

上記イベントの他に
姉太郎個人でやってるグッズサークル「悶KID」
下記イベントにも参加するので、五月はイベント三昧な感じです(^▽^)。

4/27 (松山)東方四国祭8
5/3 (東京)砲雷撃戦!よーい!9戦目!
5/6 (東京)絶対海域 第二撃!
5/10 (神奈川)横須賀鎮守府参
5/11 (東京)第11回 博麗神社例大祭

さらにGW後も…

5/25 (福岡)コミックシティinヤフオク!ドーム
5/31 (東京)俺の嫁

…に参加予定です。
見掛けましたら、是非是非お立ち寄りくださいね!


RG04066 at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote イベント情報 

2014年01月03日

C85 新刊一時販売停止の経緯説明。

悶亭です。九州に帰って来ました。
まともに寝ていない状態なので上手く説明できるか自信がありませんが、
今回のコミケでは、新刊一冊が一時的に発売停止となり、色々な方にご心配をお掛けしてしまいましたので、
ひとまず事の顛末を説明してから休もうと思います。乱文ご容赦下さい。

 同業者の方の参考になるよう、修正箇所に関して、詳しく説明させていただきます。
 18禁絵を使用したり、陰部名称が出てきますので、以下18禁にてお願い致します。


 ~当日を迎えるまでのサークル側の情報の錯綜について~

 まずは話が遡り、イベント前。
締め切りに十分余裕のある時期にコミケット準備会から注意喚起を促すお手紙を頂きました。

内容はこちら→ http://www.comiket.co.jp/info-c/C85/C85Notice1.html

かいつまんで説明すると、「今年10月以降に書店流通している成年向けマンガ誌の修正基準で局部修正してください」とのこと。
ツイッター上で情報収集すると、ありえないくらい塗りつぶされた参考画像が乱舞して、ちょっとしたパニック状態です。

冷静に判断するため、ひとまず成人向マークつきの主要各誌を大量購入して、修正をチェックしてみました。
ぶっちゃけ、修正に関しては各誌ばらばらで判断がつきかねる状態でしたが、総括して、線は太いものの、相変わらず同人より甘い状況だと判断(たとえば、すじや汁隠しに関してはカラーでも無修正です。これらは前回コミケでは修正が求められ、現地修正しました。)。
例年よりやや太い線で修正した状態で印刷所への入稿を終えました。


そして迎えたコミケ一日目。

女性向けサークルで売り子をしていた妹次郎から、
やはり、男性器の修正基準が変わり、多くのサークルが現地修正を加えたという情報を得ました。

具体的には、カリ部分を隠す線は、輪郭より外にはみ出すように指示された、と。

 ここで、私達は途方にくれます。何故なら、私たちが参考にした黒線修正の商業誌(ゼロス等)は、
輪郭の内側だけに線が引かれ、シルエットを残した状態で修正されていたので、私達もそれに準じていたためです。

 また、一日目に魔法少女もので18禁本を委託で出していた友人サークルに
「今回一本筋の縦筋に横線で修正をしたけれど、カラー表紙は、縦筋からアナル(いじったりされていない閉じた状態)にかけて太い一本線で修正をさせられた」 …と、表紙を見せられ、絶句。

閉じた状態のアナルは性器ではないということで、これまで修正をしたことがありませんし、
原稿作成時に各商業誌カラーページでチェックしてみたときも、修正はされていないことを確認しています。

うちの頒布予定のうち3種がカラー漫画の本なので、もしカラー原稿ではアナルも修正対象になるという修正基準に変更なら、朝の準備時間内の追加修正は絶望的になります。

 「でも、商業誌に準じるよう言われて、そのとおりに修正してきたのにそれが駄目って、おかしな話だよね。」
「もしかしたら、作品内容によって修正基準が違うのかもしれない。」
「一日目はホモ本が多いはずだから、アナルが性器扱いなのかも…」

憶測が飛び交いますが、私達に出来ることは不安を現地修正の覚悟に変えて、修正用のペンを購入する事だけでした。


 コミケ二日目。 前日搬入。

新刊3種と対面。
いつも袋に封入した新刊セットをこの時に組むのですが、セット組みをしてしまうと、現地修正にセット解体という余計な時間がかかるのでその数を搬入数の半分に抑え、最悪の事態に備えます。


~当日朝の出来事~

 朝7時過ぎに会場入り。
 
朝7時半
スペースに着くとともに、すぐスタッフさんに声をかけ、新刊チェックをしていただきました。
結果は 「三冊とも、上の者に判断してもらいますのでお待ちください」

…うわぁ、嫌な予感…

(姉)「すみません、新刊はすでにセットを組んでいるので、もし修正があるならば早めに教えていただけますか?」
(ス)「判りました。尽力します。」
 販売準備をしながら、結果を待ちます。

8時過ぎ
 (ス)「二冊は大丈夫だったのですが、カラー本に関してはまだ上の判断待ちです。一応、販売停止カードを出させていただきますので、見えるところに提示してください」
 …ということで、黄紙を一枚いただきました。

 お隣のぱいんとさいずさんには、なんと3枚…!
机の上が黄紙で覆われています。

 9時12分、
2箇所に修正指示が出て、正式に販売停止が決まりました。
問題があった部分は、心配していた「男性器」「閉じたアナル」ではなく
いわゆる「くぱぁ」をしている時の「子宮脱」の部分、「処女膜」の部分です。
 (まず商業誌で描写される事のない、マニアックな部位ですね(^▽^;))

 これまでは、「子宮口は内臓」「処女膜は包茎の皮と同じで、恥部を隠す皮」という認識だったので、
この部位に修正を施したことはありませんでしたし、それで頒布に問題があった事もありません。

↓ ちなみに黒線が現地修正した部分です。

修正箇所




















画像を見ていただくとわかりますが、同じ部位でも上のコマは修正対象ですが、下のコマは問題なしです。
スタッフさんに判断基準を聞いてみると、「いわゆるくぱあ状態の絵は、(何で隠してあっても)全体を修正」
なのだそうです。(たとえば、子宮口とかマニアックなものでなく、指や下着やディルドーで一部隠したときでも
同じとの事なので注意。)

…まあ、判断基準は水物なので、コレに抗議をしてもしょうがないし、決まったからにはとにかく頒布を間に合わせるのが最優先です。
 
今回の場合は一本線で縦に分断すればOK、
5Pと8Pの二ヶ所に計三本の線を引けば頒布しても大丈夫だと確認しました。

スペースには私と妹次郎、助っ人さんが一人の三人。
お隣のぱいんとさいずさんにもお手伝いいただけたので計四人。

開場までの40分があればセットを組んでない本に関しては修正が可能だと判断。
急いで皆に修正作業に入ってもらいます。

 しかし、すでにセット組みをして袋詰めしてあるものに関しては、解体して修正するのはどう考えても開場に間に合いません。 そこでスタッフさんに相談してみると、
「原則として、販売停止解除は申し出ていただければいつでも出来ますが、そのときまでに修正できていない本に関しては封印していただき、絶対に今日の頒布はできません」

 (姉)「えー!修正済みの本を売りながら、バックヤードで修正というのは出来ないんですか?」

(ス)「許可できません。こちらとしてはこっそり売られても確認が取れませんから」

(姉)「でも、新刊セットには頒布可能な新刊も入っているので、これらも頒布できないとなると困るんです!すでにセットを組んでしまっている本は、この3箱です。これらは、物量が明らかですのでバックで修正が済んだ後に、これを確認していただければ、売ったりしていない事を証明できませんか?」

(ス)「販売物に無修正作品が混じる可能性は、それでもありますから…」

(姉)「では、車なり、友人のスペースなり、ここから離れた場所で修正するというのは…」

必死に食い下がりました。

救いだったのは、スタッフさん達が私達の提示する打開策を真摯に聞いて下さったことです。
あの状況なら「なんと言われても決まりだから駄目」と突っぱねたほうが絶対に楽だったはずなのに、何度も何度も私達の要望を本部に相談に行ってくれました。

9時半ごろ、
審査待ちをしながら私達を手伝ってくれていた、お隣のぱいんとさいずさんの頒布許可が出て黄紙は撤収されました。こちらに関しては一安心。
しかし、開場間近にもかかわらず周囲には黄紙がちらほら散見されます。

 そして、結果…
 開場の10時ぎりぎりにセット組していない半数の新刊は修正完了。
こちらに関しては頒布許可が降り、開場とともに頒布開始出来ました。

問題のセット組済みのものに関しましては、封印…ではなく
スタッフさんの目の届く場所を提供していただき、
(特例との事なので、詳しくは書きませんが、とても快適な作業環境でした。
この場所の提供がなければ絶対に間に合わなかったと思います。)
そこに私と助っ人さんの二人で缶詰状態になり、セットを解体しながら修正を進め、
12時前にはすべての修正を終え、頒布時間に穴を開けず通常通りの頒布ができました。

 本当に多くの人の御協力あってのこと。感謝してもしきれません。

この後、多くのサークルさんに頒布遅れや販売停止があった事を見聞きして
自分達がどれだけ幸運だったかを知りました。


 ~修羅場を終えて~

1時半には何とか落ち着き、挨拶まわりと買い物でスペースを出てみました。
 まず、大好きな大手サークルさんが新刊頒布できず、グッズのみ無料配布していた事を知り、愕然。

 友人サークルのお隣さんは、要確認のため一時販売停止、結果、特に問題はなかったのに
販売停止が解けたのは12時半だったそうです。

 私がお世話になっている台湾のサークルさんも今回販売停止カードをもらったそうなのですが、
悲しい事に彼らはマジック等で現地修正できることを誰からも教えてもらっておらず、
結果一冊も頒布することが適いませんでした。

彼らはぱっと見では日本の人と違わないし、ある程度日本語が使えるので、
周囲のサークルさん達も外国人だとわからなかったのかもしれません。

また、多くの黄紙が氾濫していたことを考えると、スタッフさんも1サークル辺りにかけられる時間は短かったのでしょう。
 けれど、わざわざ日本まで来て頒布できなかった彼らのことを考えると胸が痛みました。

また、それらの話を聞く際に少なからずスタッフさんとの衝突の描写が出てきました。
たくさんの若いスタッフさん達が板ばさみになって嫌な思いをしたんじゃないかと思うと、とても哀しいです。


~今回の件で思うこと~

勘違いされがちですが、私達サークルにとってもコミケは何よりも大事な場所です。

私は逮捕者が出たり、万が一にもコミケが無くなる可能性が出るくらいなら、
たった一日表現の規制をされようと、それが多少理不尽な内容でも譲歩することはできますし、
色々な作家さんとお話ししてみても、同意見の方は多いと感じています。

ただ、頒布が出来なくなったり、遅れたりするのは絶対に嫌です。
何万ものサークルの中から自分達のスペースに来てくださった方が、がっかりして帰っていく姿を目前にしたら、冷静さを失うと思います。

その最悪の結果を防ぐ為に今回も、多くのサークルや印刷所が、必死に情報収集をして出来うる限りその情報の共有をしようとしていました。


コミケに参加したい気持ち、この年に2度の「晴れの日」を笑って過ごしたい気持ちは皆同じです。
だから、コミケ運営側にも、もっと私達サークルを頼ってほしかった。


今回の場合は、建前はともかくとしてスタッフさん側のチェック基準は、確実にあったわけだから、
それを事前に公開してもらえれば、多くの混乱が避けられたのではないかと思います。


過去にあった勉強会の「クリ、カリ、先っちょ」ほど明確なものでなくても、
スタッフこぼれ話的な感じで、「今回は」こういう基準でチェックしますよーみたいな軽いものでも
我々サークルの暗中模索に光が差し込みます。


もうすぐ、夏コミの申し込みが開始されます。
ちいさな声ですが、上記意見はアンケートに記入させていただきたいと思っています。
「当日は本当にありがとうございました」の感謝の言葉と共に…。




RG04066 at 14:02|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月27日

冬コミ直前情報!

三日目 東ホールZ16b 悶亭です。
お品書きは以下です。
あと、過去に出した抱き枕も少しずつですが持って行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。


C85悶亭新刊セットポスター
























冬コミ新刊、とらさんメロンさんで、特設ぺージを作って頂きましたー(^▽^)本文サンプルもあるので、よかったら見てやってくださいね! 
 とらのあなさん 
メロンブックスさん

RG04066 at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote